【PS4】PSNが9月10日にクラッシュダウンしていたことをユーザーが報告

ソニーとPlayStation Networkは9月10日火曜日に大きな問題を経験しており、北米、ヨーロッパ、日本のユーザーはすべてPSNに影響する停止を報告しています。

ソニーのコンソールで定期的にゲームをしているプレイヤーは、プラットフォームでの一時的な一時停止に慣れていますが、9月10日の初めに世界中の人々がPSNに大きな問題を発見しました。

多くはプラットフォームへのサインインに苦労しています。つまり、オンラインでゲームをプレイできず、ゲームのデジタルコピーを持っている人にとっては、システム設定によってはお気に入りのタイトルにまったくアクセスできない場合があります。

執筆時点で、ソニーのPlayStation Networkの公式ステータスページには、すべてのサービスが稼働していると記載されていますが、Twitterユーザーによるとそうではありません。

ソーシャルメディアユーザーはプラットフォームにアクセスして、ネットワークにアクセスできず、問題のためにサインインできなかったという不快感を表明しました。

Reed@iReedr

PSN being down ruined the vibe. Have a great night brothas.

See Reed’s other Tweets
Sebastián Montecinos@sebastianignm

Hi, I can’t log in, and the apps says they’re down please help me

Down Detectorによると、ヨーロッパは停止の影響を最も受けやすい地域であり、英国、フランス、ドイツなどのユーザーがプラットフォームに問題を抱えています。北米も現在苦労していますが、これらの問題は東海岸と西海岸に集中しているように見えますが、現時点では中央アメリカは影響を受けていないようです。

問題は世界的にもあり、南米とオーストラリアでは小規模な問題がありますが、ソニーの故郷である日本で報告が増えています。

ダウン検出器
ヨーロッパ、北米、および日本のプレーヤーはすべて、機能停止を報告しています。

現状では、ソニーはこの問題にまだ対応していませんが、大人気のコンソールのファンは、プレイヤーがお気に入りのゲームをプレイするためにサービスに戻って、すぐに対処することを望んでいます。

日が経つにつれて問題はさらに広がり、PSNにアクセスしようとするプレイヤーが増え、北米とヨーロッパの多くが今朝プレイしようとする可能性は低くなります。

新しい情報が利用可能になり次第、この記事を更新してください。

Leave a Reply